2005年07月09日

シスの復讐

「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」を見た。
初めてDLP版を見た。チケット売り場で「DLP版で」と言ったら、窓口のおねぇさんがニッコリと「DLP版はきれいですから、期待してください」と念を押してくれたくらいきれいだった(何が?)

それにしても、DLPはきれいだ。スクリーン上のノイズが全くと言っていいほど無い。動きのある絵もブレない。発色がよいというか、映像に透明感がある。早くDLPが他の作品や上映館にも普及して欲しい。

で、内容について。

ストーリー的に前後になる作品を知った上で見ているので、ストーリー的にそれほど驚くようなところは無かったのだが、映画開始早々から戦闘機の空中(宇宙中?)戦シーンで始まり、その後も空中戦からジェダイの戦闘シーンまで迫力あるバトルの応酬で、これだけでもかなり見応えあり。

もちろん、前後作とのつじつま合わせのように見えてしまう場面もあるが、そういった部分を差し引いても、前後作が既に公開されている映画の“つなぎ”の作品で、これだけ魅力的な作品が作れるという事は素直にすごいと思う。

改めて言う事でもないが、スターウォーズはアナキン・スカイウォーカーの一生を綴る物語りである。旧三部作(エピソード4〜6)しか見ていないと、ハリウッド映画特有のシンプルな勧善懲悪モノにしか見られないかもしれないが、新三部作(エピソード1〜3)を見ると、この見方は180度近く変わってしまう。単なる悪の権化で憎むべき存在であったダース・ベイダーが、愛の深さ故に暗黒面に落ちてしまった悲しい存在になる。


しかし、暗黒面に落ちた父アナキンと落ちなかった息子ルークの違いは何かというと、母と恋人(妻)の有無となる。そう考えると、もしかして、ジョージ・ルーカスはよほど非モテでキモオタな思春期を送っていたのであろうか・・・などと下世話で穿った想像をしてしまう人もいるかもしれない(笑)

Posted by SYN at 2005年07月09日 23:58 for Movie | TrackBack
Comments